無料でできるペニス増大トレーニング

ペニス増大サプリメント

ダイナミックマッハのようなサプリメントに頼る以外に、誰でもできるペニス増大トレーニングがあります。「ミルキング」という方法もペニス増大トレーニングの一つ。乳牛のお乳を絞るようにして海綿体の体積を広げていきます。

勃起時の血流量を増やすミルキング法

ミルキングの目的はペニスの海綿体への血液流入量を増やすこと。海綿体の毛細血管を広げ、血液の流入量を増やすことでペニス増大へとつなげていきます。ミルキングは勃起した状態で行いますが完全に勃起した状態ではなく、不完全な勃起状態。いわゆる半勃ちの状態でミルキングを行っていきます。

ミルキングミルキングを行うタイミングは入浴中か入浴後がいいでしょう。身体が温まり血液が巡りやすくなっていますから。まず、ペニスを半勃ち状態にして親指と人差し指で根本を掴みます。残り3本の指を使い、お乳を絞るようにペニス先端へと絞り出していきます。

ミルキングで注意するのは半勃ち状態で行う力を入れすぎないということ。完全に勃起した状態ではうまく絞り出すことができず、無理に力を入れて絞り出すと海綿体を傷つけてしまうことにもなりかねません。また、まったく勃起した状態でも血液を先端へと絞り出すことができないので、半勃ち状態で実践するとうことを意識してください。

血液を先端まで絞り出したら、そのままの状態を10秒キープ。左右の手で行い、一回5分から10分程度を目安に実践してみてください。ミルキングの効果が現れてくるのは早くても3か月くらい。遅くとも半年続けていれば効果を感じることができるはずです。

勃起状態をキープするクランピング

クランピングは海外で人気のペニス増大トレーニング。ミルキングが半勃ち状態で行うのに対し、クランピングは完全勃起した状態でトレーニングを行います。完全に勃起した状態のペニスの根本を締め付け、勃起状態をキープすることでペニス増大効果を狙っていきます。

ミルキングに比べ効果が高いとされていますが、ペニスの根本を指で強く掴んだ状態を5分、10分掴み続けるのは至難の業。普通はマイラップ(包茎矯正器具)を利用してトレーニングするそうです。

クランピングクランピングで増大する仕組みは、根本を絞ることでペニスがパンパンの状態を保つのですが、根本を完全に絞るのではなく、少しずつペニスへ血液は流入しているのです。流入する力と血液が出ていく力では流入する方の力が強いので、この状態を続けていると海綿体の圧力を高くすることができるのです。

ミルキングよりも実践的なところが海外で人気の理由なのでしょう。クランピングはミルキングよりも積極的な方法だと言えます。

亀頭を大きくするジェルキング

ジェルキングは最も積極的なペニス増大法で、ご存知の方も多いでしょう。ジェルキングも入浴中に行うことでお部屋を汚さずトレーニングを行うことができます。

ペニスを勃起させた状態で根本を親指と人差し指で掴み、先端へと血液を移動させるように指を滑らせていきます。血液を先端へと移動させていくので亀頭が大きくなる効果があるとされています。

ジェルキングでは皮が伸びてしまうという欠点がありますが、心配な方は根本を掴んだ手と反対の手で根元部分を押さえるといいです。ペニスが勃起していない状態で行うこともできますが、それは牽引法に近いトレーニングとなります。

ペニスを伸ばす牽引法

ペニスを伸ばす牽引法は包茎の方には向かないトレーニング。ペニスを引っ張る方法なので、皮を伸ばしてしまう恐れのある牽引法はあまりおすすめできるものではありません。

牽引法トレーニング方法としては仮性包茎なら皮をむいた状態で亀頭を指で掴みます。人差し指と中指でV字を作るようにして亀頭を挟むとうまく掴めます。人差し指と中指で挟み、親指も使って亀頭を挟んでペニスをそのまま伸ばします。上下左右に回しながらいろんな方向へ伸ばしてみてください。

このトレーニングを行うことでペニスの長さを2~3センチほど伸ばすことができます。ペニスの根本は数センチほど身体の中へ埋まっていて、それを引き出すのが牽引法です。ペニスが勃起していても、勃起していない状態でもトレーニングすることができますが、大切なのは毎日地道に続けること。途中で中止すれば元の状態へと戻っていくので、継続することを心がけてください。

PC筋を鍛える

ペニス増大に直接関係するものではありませんが、PC筋を鍛えることは男性にとってさまざまなメリットがあります。PC筋はペニスの根本から肛門にかけて付いている筋肉で、PC筋を鍛えることにより早漏対策や射精のタイミングをコントロールできるようになります。

普段の生活でPC筋を意識することは難しく、肛門やスクワットなどPC筋近くの筋肉を鍛えることでPC筋をコントロールする感覚を身に着けていきます。スクワットを行う時はペニス付け根から肛門の間の筋肉を意識すること。そうすることで、なんとなく感覚が掴めてくるはずです。

肛門のトレーニングは簡単。肛門に力を入れて締めたり緩めたりするだけなので、いつでもどこでもトレーニングすることができます。勃起した状態でPC筋をコントロールできていると感じられるまで続けてみてください。勃起した状態でPC筋に力を入れることでペニスの感度を下げたり勃起状態の維持、射精のタイミングをコントロールできるようになるでしょう。

お金を使ってペニス増大効果を高める

ここまで、無料でできるトレーニング法を紹介してきました。どの方法もペニス増大につながる効果的なトレーニングですが、お金をかけてやることでさらに効果を高めていくこともできます。

ペニス増大法とは、基本的にはミルキング、ジェルキング、クランピングの3つの方法で構成されています。ミルキングは真空ポンプを使った器具には及ばず、ジェルキングでは専用器具に劣り、クランピングでも器具を使ったほうが効果的なトレーニングを行うことができます。

以下にご紹介するのがその器具です。

これらのアイテムを上記のトレーニングと併用することで、ペニス増大効果を更に高めていくことができるでしょう。特にマッサージジェルは自慰行為にも使えるので一石三鳥です。どの方法も3か月続ければなんらかの成果が得られるはずですので、やり続けることが大事。大切なのは正しい方法で行うこと。やりすぎないこと。そして継続することです。

効果を高めるためには事前準備も必要です。入浴中に行うのがいいとお伝えしたのは身体を温めることがウォーミングアップになるから。運動する前にはストレッチやランニングなどを行いウォーミングアップをします。身体を温めることが怪我の予防にもつながりますが、それはペニス増大トレーニングでも同じこと。ペニスへ血が巡りやすくすることで効果を高めていくことができるのです。

ペニスのストレッチにあたるのがペニスを握ったり放したり、上下左右に回したり引っ張ったりすること。しっかりストレッチしてウォーミングアップも万全にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする